佐倉歯科口腔クリニック|むし歯・歯周病|さいたま市大宮区

誤解と間違いがあふれる歯科治療の現実からあなたの歯を守りたい。歯科治療の真実を知ってもらうことが佐倉歯科口腔クリニックの願いです。

HOMEブログページ ≫ 院長コラム ≫

ブログページ

【院長コラム】 No.4 歯と口腔の医療は誰がするのでしょう②

歯科医療とはなにか
 
 もしも歯科医師が歯や口腔の病気を治療する医師なら、歯科医師を医師とは別の資格、別の職業にする理由はありません。 「眼科」や「耳鼻科」の医師はもちろんのこと「皮膚科」や「精神科」の医師などあらゆる医師は「医師」ですが、「歯科医師」は世界中の国々で「医師」とは別の資格、別の職業になっています。その理由は、歯科医師は実はデンティストであって、本当の意味での歯科医師ではないからです。
 
 しかし、本当の意味での「歯科医師」が全くいないわけではありません。きわめて少数ながら、います。そのような歯科医師たちは「歯」や「口腔」の病気の治療をしていますが、それに関連した「デンティストリー」の仕事もしています。ですから、本当の意味での「歯科医師」と「デンティスト」を見分けることがなかなか難しいのです。
 
 けれども見分ける方法はあります。本当の意味での「歯科医師」は、美容師まがいの「審美歯科」とか歯を白くする「ホワイトニング」、医学的にはかなり問題がある「インプラント」という入れ歯、「見た目」を強調する「詰め物」や「かぶせ物」などには興味がなく、そのような広告や宣伝はしません。そもそも、口の中へモノを入れる行為は、医学的には「有害」だが、歯の修理としては「認めざるを得ない」という考えを持っています。歯並びを直す「歯列矯正」も、医学的に必要で意味のあるものにしか手を出しません。                              
     
本当の歯科医療を受けましょう
 

 デンティストリーという仕事は、歯や口腔の医療が貧困だったころに「歯が痛い」とか「物が噛めない」といった問題を解消するために発生したもので、それらの問題の原因である病気を治療する「歯科医療」とは根本的に異なるものなのです。
 
 歴史的に見て、「歯の医療」がなかなか進歩せずその結果「非医師」である「デンティスト」が行う「デンティストリー」が広く普及した理由は、歯の病気によるトラブルは歯を抜くことによってとりあえず解消できたためです。たとえば目や耳の病気ではそんなことはできません。ですから、歯や口腔の医療の進歩というものは、デンティストリーを消滅の方向に向かわせるものなのです。
 
 「デンティストリー」を「歯科医療」と勘違いしている患者さんは大勢います。それらの患者さんたちは、デンティストに歯をいじられればいじられるほど「歯」や「口の中」の健康状態が損なわれていきます。それが分からないのは、デンティストが痛みをとってくれたり、噛めるようにしてくれるためでしょう。
 
 賢い歯科患者は、歯科医師とデンティストの違い、歯科医療とデンティストリーの違いが分かる患者さんです。
 今、日本には一握りの「歯科医師」と圧倒的多数の「デンティスト」が混在しています。これからは「歯科医師」が「デンティスト」に取って代わらなければならない時代です。そのような時代を拓くのは、賢い患者さんたちです
 
 
2022年01月14日 15:12

【院長コラム】 No.3 歯と口腔の医療は誰がするのでしょう①

 佐倉歯科口腔クリニックはは2007年から日本歯科医療水準評価機構の認定歯科医療機関として認定を受けています。
 日本歯科医療水準評価機構では、患者さんが間違った歯科医院の選び方をしないために、「あなたは『歯科医療』を間違って理解していませんか」というリーフレットを作って患者さんに配布しています。
 私の診療所にも置いてあるのですが、診療所に来院できない方のために院長コラムで2回に分けて全文を紹介します。
 
どうして歯の治療を受けても歯を失ってしまうのでしょう?
 
 人は年齢の増加とともに次第に歯を失っていきます。 しかし、「歯の寿命が尽きて」あるいは「歯の老化によって」歯が抜かれることはありません。
 どんなに高齢の人でも、極めて特殊な場合を除いて、歯が抜かれる原因は「むし歯」か「歯周病」、つまり「歯の病気」なのです。 ですから、歯の病気を治せば歯は抜かれないはずで、すべての人が生涯自分の歯で食べ物を食べられるはずです。
 しかし、歯が悪くなったら必ず歯科医院で治療を受けている人でも、年齢とともに「むし歯」や「歯周病」が原因で歯を失っていきます。つまり、どんなに歯の治療を受けても、「むし歯」や「歯周病」は治らないということです。
 その理由は、一般的に「歯の治療」と思われているものは、実は「歯の治療」ではないからなのです。
 
 歯の治療とデンティストリー
 
 世間で「歯の治療」とか「歯科医療」と思われているものは、実は「治療」でも「医療」でもなくて、「医療」とは性格が異なる「デンティストリー」と呼ばれる仕事です。
 そして、「歯科医師」と呼ばれている人たちの圧倒的大多数は「医師」ではなくて、「デンティストリー」という仕事をしている「デンティスト」という職種の人々です。 大学歯学部というところは、医師ではなくて「デンティスト」の教育をしているところなのです。
デンティストリーというのは、病気になっている歯を抜いて「入れ歯」を入れたり、病気になって崩れてしまった歯を修理したり、あるいは歯並びを直したりする仕事で、歯の病気を治す仕事ではありません。
 いわゆる「歯の治療」をいくら受けても歯の病気が治らないのは、そのためです。
2022年01月13日 10:36

【院長コラム】 No.2 日本は歯科後進国なのか

週刊ポストに「歯ぐき年齢」を15歳若返らせるという記事が掲載されていました。
その冒頭に「日本は歯の後進国」という見出しがあります。
何をもって歯の後進国と言っているのでしょうか。本当に日本は歯の後進国なのでしょうか。
記事には具体例として「日本は世界有数の長寿国ながら、80歳以上の歯の平均残存本数は8本で先進国最低レベルだ。予防歯科に力を入れるスウェーデンは20本というから、その差に驚く」と書かれています。このことだけで後進国と言っているのでしょうか。
厚労省は5年ごとに歯科疾患実態調査というのを行っています。2016年に行われた調査によりますと日本人の80~85歳の平均残存歯数は15.3本でした。
80歳に限定すると平均17本位残っているようです。スウェーデンと比較するとまだ少ないようですが、後進国というほど悪い数値ではありません。
また、 歯が1本も残っていない人の割合を無歯顎者率といいますが、 顎咬合学会雑誌によると先進国の65歳以上の無歯顎者率の割合はイギリスで36%、アメリカ23.9%、ドイツ22.6%、日本10.4%だそうです。
歯科治療の目的は一生自分の歯で食べることです、その事を考えますと無歯顎者が少ないということは一番重要なことではないでしょうか。
これでも日本は歯科後進国でしょうか。
アメリカは日本と違い国民皆保険ではありません。医療保険は個人が会社や学校を通じて民間保険に 加入する場合が多く、医療保険は普通の医療保険と歯科医療保険とに分けられ、特に歯科医療保険費用は高額のようです。そのため、1億3000万人以上のアメリカ国民は歯科医療保険に加入していません。そのためか抜歯になるケースも多アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention、略称:CDC)のH.P.にも65歳以上のアメリカ国民1/4が無歯顎 であることが公表されています。
アメリカの歯科医学は世界最高峰の研究をしていることは誰もが認めるでしょう。しかし、最高の歯科治療をすべての国民が受けられるわけではありません。
その結果が日本より圧倒的に多い無歯顎者の割合なのです。
お金持ちはいい思いをする、貧乏人は無歯顎、いかにもアメリカらしいですね。
日本の国民皆保険は、治療レベルを考えていないことや出来高払いであること、財政的に破綻する危険があることなど問題点も多々ありますが、日本国民にとって欠かせない制度になっていることも事実です。
 
2021年12月09日 12:03

【院長コラム】 No.1 開業40年に向けて

佐倉歯科口腔クリニックは来年の4月12日で開業40年になります。この40年間で約9000名の患者さんを診てきました。

患者さんの希望を聞きながら、当院の治療方針をできるだけ理解していただけるように努力してきたつもりですが、忙しい治療の合間に当院の考え方をすべて理解してもらうには、時間的に限界があります。
また、日常生活での情報を多くの方がスマートフォンで得ることが当たり前の時代になり、クリニックのH.P.もスマートフォンで見やすいように、また予約もできるようにリニューアルすることにしました。
スマートフォンで簡単に情報を得ることができるようになり便利にはなりましたが、歯科治療に関する情報はますます玉石混淆の状態になっています。ネット上の歯科情報にはとんでもないものも多数あります。
 「健康を決める力」というサイトを運営する聖路加国際大学の中山和弘教授(看護情報学)は「納得のいく決定には研究の積み重ねでできた科学的根拠(エビデンス)と患者個人の体験(ナラティブ)の療法が必要だといいます。ではその信頼できる情報はどこで探せるのでしょうか。
 中山教授によりますと「先進国では国立医学図書館があり、論文検索サイトを無料公開し、市民向けに分かりやすく解説した総合情報サイトを運営しているが、日本にはまだない」といいます。
 インターネットの情報をどう受け止めるかは利用者の自己責任です。 「健康情報を理解し、質の良しあしの見分け、活用する力も患者さんに必要」と中山教授は注意しています。
  歯科関係の情報はどうでしょうか。
 非営利組織である日本歯科医学会には分科会である学会が、いくつもあります。例えば、日本歯周病学会や日本口腔外科学会、日本矯正歯科学会などです。それらの学会も患者さん向けにネット上で情報を提供しているようですが、充分ではないように私には見えます。
 残念ながらその他は私の知る限り日本には営利性のない情報を提供してくれるサイトはなさそうです。
 非科学的な、間違った情報でも数多く発信されますと患者さんはその情報が頭の中に刷り込まれてしまい、それを唯一正しい情報として信じてしまいます。 
 一度刷り込まれてしまいますと、私がどんなに説明しても本当のところを理解してもらうには大変な労力を要します。
 繰り返しますが、歯科関係の情報は誤った情報もたくさんありますので注意が必要です。

*院長コラムとは別にブログも始めましたのでそちらも見てください
https://sakura-stoma.blogspot.com/
 
2021年11月22日 19:28

院長コラム

院長コラムを更新しました。
2021年11月12日 11:19